自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

大学生記者 防犯ボランティア活動体験記
「杉並区・中野区合同パトロールに参加して」

【早稲田大学人間科学部2年 ラグビー部  三村 将広 君】

 2012年5月28日月曜日、杉並区と中野区が合同で行う防犯パトロールがありました。
 私は早稲田大学ラグビー部の一員として参加させていただきました。
 区と区の境界は区同士の連携が難しく、警戒が薄くなることがあります。その警戒の手薄なところを狙った犯罪があると聞きました。確かに区の境界は目では見えないので、区同士でのコミュニケーションがとりづらく、警戒がしづらそうです。
 今回の区合同で防犯パトロールを企画した意図は、区の境界も警戒は手薄ではないということを発信すると同時に、参加者も自分の身を守る自覚を持つためのものです。
 私はこのようなボランティア活動に参加したのは初めてでした。何をすればいいのかわからない中、参加している方に『若い人もいてくれると頼もしいね』と言ってもらえました。私は、参加すること自体にも意味があるのだとわかり嬉しくなりました。
 また、このボランティアに参加することで、私自身が犯罪に巻き込まれないように気をつけようという意識が生まれました。
 1人でも多くの人がこのようなボランティア活動やイベントに参加し、防犯意識を持ってほしいと思いました。今回の杉並区と中野区の合同パトロールに参加できてよかったです。

防犯ボランティア活動に参加した早稲田大学ラグビー部員 右から三村君(2年)、仲元寺君(1年)、中庭君(1年)、久富君(1年)
防犯ボランティア活動に参加した早稲田大学ラグビー部員
右から三村君(2年)、仲元寺君(1年)、中庭君(1年)、久富君(1年)