自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

(武蔵野市)
「特殊詐欺被害防止キャンペーン~武蔵野警察署等」

 平成29年5月12日、武蔵野警察署、武蔵野防犯協会、武蔵野母の会、武蔵野市の共催による「特殊詐欺被害防止キャンペーン」として、トークショーやパレードなどが行われました。
 会場となった、吉祥寺駅前のショッピングモール特設ステージに詰めかけた多くの方に対し、特殊詐欺に遭わないよう呼びかけました。
写真1
写真2
 まずは、武蔵野警察署の齋藤ひとみ署長が現在の特殊詐欺事件の状況などを説明「犯罪全体の件数は減少傾向にありますが、いわゆるオレオレ詐欺などの特殊詐欺は増加しています。今年は、去年のおよそ1.5倍のペースで推移しており、危機的状況だといえます。もちろん犯人を検挙したいのですが、そればかりでなく予防も大事。ぜひとも、市民の皆さまのご協力をお願いします」などと話しました。
写真3
武蔵野警察署 齋藤ひとみ署長
 ステージの後半は、タレントを迎えてのトークショー。
 トークの相手を務めた齋藤署長は、「相手に名前を言わないのは鉄則。ご家族にしか通じない合言葉を決めておくのも有効です」と話していました。
 このほか「還付金。ATMでは 受け取れない」市役所職員などを騙って金銭を騙し取る還付金詐欺についても触れられていました。
 「公的機関が、市民の方に銀行で振込みをさせるようなことはありません。このことをご家族や友人、または近所の方などに広めていただきたいと思います」という呼びかけに、聴衆の方も大きくうなずいていました。
写真4
成蹊大学応援指導部チアリーダー部の皆さん
 イベントの締めくくりは、パレード。警視庁のマスコットキャラクター「ピーポくん」と東京都安全・安心まちづくりキャラクター「みまもりぃぬ」を先頭に、成蹊大学応援指導部チアリーダー部の明るいかけ声とともに商店街をパレードし、道行く市民の皆さんに特殊詐欺の被害防止を呼びかけました。
写真5
写真6
白バイを先頭に特殊詐欺被害の防止を訴え。
写真7
パレードには、日頃から防犯に携わる方が多数参加。
写真8
パレードは、商店街へも続きます。
写真9
キャンペーンを終えて、「みまもりぃぬ」とパチリ!