自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

「新たな防犯力の確保」事業
パトロール活動等実地体験(第2回文京区開催)

 1月10日110番の日に、文京区第2弾「パトロール活動等実地体験」を開催しました。今回の実地体験は、文京区一番の繁華街「湯島地区」の安全安心を守る天三町会・同朋町会・白梅商店会と本富士警察署が連携して実施する、『湯島地区環境浄化パトロール』に参加しました。
 今回の活動の特徴は、放置自転車に対する注意喚起のためのシール貼りを中心としたパトロール活動。放置自転車は、歩行者や緊急自動車等の通行を妨げるとともに、まちの美観を損なうなど、見過ごすことのできない社会問題です。多くの人で賑わう湯島地区も例外ではなく、数多くの自転車が至る所に放置され、今回はその問題の現状を改めて認識しながら、シールを貼っていきました。参加した学生は地域の方々や警察官との協働・交流を通じて、防犯ボランティアの意義や重要性を学び、今後の活動に生かしていこうと話し合い、解散しました。

【パトロール活動の様子】

写真1
写真2
写真3
写真4