自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

多摩センター地区連絡協議会
防犯カメラ導入事例
概要
  1. 実施団体名:多摩センター地区連絡協議会
  2. 事業の概要:防犯カメラシステムの設置(カメラ7台)
  3. 話し手:多摩センター地区連絡協議会 事務局長・村上哲也さん
村上哲也さん
話し手:事務局長 村上哲也さん

多摩センター駅前
多摩センター駅前

  • 防犯カメラを設置した理由について
    • 多摩センター駅前の安全性の向上を目的として設置しました。運用開始は、イルミネーション(毎年100日間で200万人以上来場)に合わせて行いました。
  • 設置にいたる経緯について
    • 当地区には既存の商店会などの組織はなく、昭和40年代に多摩センター地区の企業・商業施設など中心となり「多摩センター連絡会」が発足しました。会の運営は、私が所属する新都市センター開発(株)が中心となって行い、今回のカメラ設置も当社が主導で進めました。
    • 会員各社の防犯に対する意識は高く補助金による負担軽減もあり、設置の合意形成はスムーズに進み、平成18年度事業計画で設置の承認がされました。
    • 設置費は約400万円で、そのうち補助金として多摩市から設置費の3分の1、東京都から3分の1の交付を受けました。
  • 設置後の効果について
    • 地元警察からも効果が出ていると聞いています。ひったくり事件等で映像を警察に提供もしました。
  • その他
    • 防犯カメラ設置にともない、今後はその活用をしていきたいと思います。そのため、パトロールを実施予定です。
防犯カメラ操作機器設置状況
防犯カメラ作動中1 防犯カメラ