自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

防犯ボランティア活動紹介WEBマガジン
ふじみパトロール隊

取組主体の概要 地域有志によるボランティア隊
地域 東京都調布市

 ふじみパトロール隊の発足は17年前。この地で生まれ育った三浦信一さんが「何か地元に貢献を」ということで、子どもたちの見守り活動をしたのが始まり。以来、調布市富士見町地区のパトロール活動などを続けています。
 平成28年3月には青色防犯パトロール車を導入し、活動をさらに強化しました。
 今回は、平成28年5月31日に行われたパトロールを取材しました。
ふじみパトロール隊の皆さん
ふじみパトロール隊の皆さん



「次の世代への懸け橋」に
「犯罪の抑止が目標」と語る三浦信一さん
「犯罪の抑止が目標」と語る三浦信一さん
 地域の中心にある市立石原小学校。「私の息子や孫がお世話になった学校ですし、将来を担う子どもたちが事件や事故に巻き込まれることのないよう、地域の皆さんとともに安全・安心な街づくりを進めたい」と、隊員の三浦さんは語ります。
 調布市富士見町地区は、昔はのどかな田園地帯。近年の開発によって街は様変わりし、人口が増え、また時代の変化もあって、風景が変わっています。息子さんの代になったり、転居してきた新しい人が増えています。「次の世代につなげて、新たな街づくりを」が隊のモットーです。
 活動が具体化してから17年。以前は少なからずあった犯罪や迷惑行為が減り、不審者が出るようなこともなくなりました。
「おはよう!」「さようなら!」
 石原小学校の正門前では、登下校する子どもたちとメンバーの元気な挨拶の声が、毎日聞こえています。

三位一体の活動で、細やかな見守りを
 調布市は、東京郊外にある住宅街。緑が多く、戸建てや集合住宅が余裕をもって立ち並んでいます。江戸の風情を色濃く残す深大寺があり、木々が生い茂り昔からの自然の営みが感じられます。また、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家の水木しげるさんが市内に住んでいたこともあり、石原小学校前の公園は「鬼太郎公園」と名付けられています。
 そんな地域での活動の中心は、青パトを使った見守りと、徒歩による見守り。小学校、児童館、公園、障害者施設などを見回るのがコースです。
 ベストの色は、青(青パト)、緑(徒歩)、そしてオレンジ(石原小PTA)。黄色い帽子は、小学校の登下校時に活動する学童擁護員(緑のおじさん)の目印です。ベストや帽子を着用して見回る目的は、目立つことです。「犯罪などの抑止」には、目立てば目立つほど効果があります。
「子どもたちの笑顔に癒されます」と、学童擁護の下田勝利さん(右側)
「子どもたちの笑顔に癒されます」と、
学童擁護員の下田勝利さん(右側)
 
 
児童館も、毎日のパトロールコース
児童館も、毎日のパトロールコース
児童館職員 野崎富志久さん(左側)
青パト隊員 小宮山忠典さん(中央)
青パト隊員 三浦信一さん   (右側)

「わんわんパトロール」は街の美化にも役立つ
 ふじみパトロール隊最大の特徴といえるのが、「わんわんパトロール」の存在。文字どおり、ワンちゃんの散歩と地域見守りを一体化させたコンセプトで、メンバーは時間のあるときに自由に見回りをする、「随時参加型」の活動を行っています。
 「わんわんパトロール」リーダーの渡部千代己さんは、「私はここに住んでまだ日は浅いのですが、すでに退職していたこともあり、余裕がある時間を少しでも地域のために使おうと思って参加しました。毎日、犬と一緒に目立つベストを着て歩くことで『防犯』につながっていると確信しています。また、私たちわんわんパトロールは防犯という意味の見回りだけでなく、犬の飼い主のマナー向上にも努めるようにしています。以前は多かったフンの放置などが格段に減りました」と話してくれました。
 加えて、ゴミの散乱なども減り、街全体がすこぶる綺麗になりました。「これも、地域の皆さんの地道な努力の積み重ね」です。
おそろいの黄色のバンダナがオシャレ
おそろいの黄色のバンダナがオシャレ
ゴミ袋に加え、尿を洗い流す水を必ず持ち歩く
ゴミ袋に加え、尿を洗い流す水を必ず持ち歩く

「今後はハード面だけでなくソフト面での協働も」
調布市総務部 総合防災安全課 生活安全・調整担当主幹 三ッ木吉和さん
調布市総務部 総合防災安全課
生活安全・調整担当主幹 三ッ木吉和さん
 制約なく自由な活動を、ということですが、やはりご自分の大事な時間を割いて活動していただいておりますので、その点には心から感謝しています。地域の防犯力を高めたいと考えている市にとっても、「ふじみパトロール隊」は、かけがえのない貴重な存在です。
 こちらの隊では個人の方からの貸出し車両を使用しています。燃料代も自費でやっていただいていますので、本当に頭が下がります。
 調布市全体で、平成16年に4831件だった犯罪件数が、平成27年には2002件と、約59%もの減少につながりました。
 今後も、さらに活動を発展させ、犯罪のない街づくりを目指していきます。市としても、以前から防犯用具の貸出しなどハード面のご協力はしてきましたが、今後は合同パトロールなどのソフト面でもお力になれればと考えています。


青パトは、2台体制で実施
青パトでのパトロール
鬼太郎公園もパトロールします
鬼太郎公園もパトロールします

ワンちゃんの散歩もパトロールの一貫
ワンちゃんの散歩もパトロールの一貫
児童の帰宅を石原小学校の正門前で待ちます
児童の帰宅を石原小学校の正門前で待ちます

このページの関連カテゴリー