自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

防犯ボランティア活動紹介WEBマガジン
長原自治会と南千束東自治会

取組主体の概要 地域有志によるボランティア隊
地域 東京都大田区

 大田区の長原自治会と南千束東自治会は、防犯パトロール活動をはじめて10年になります。当初、パトロール活動は別々に行われていましたが、あることがきっかけで、5年前から実施するようになりました。
 今回は、地域安全運動期間中ということもあり、田園調布警察署長や大田区千束特別出張所の所長さんも参加されるなか盛大に行われた、平成27年10月13日の防犯パトロール活動を取材しました。
長原自治会・南千束東自治会の皆さん
長原自治会・南千束東自治会の皆さん


きっかけは交番がなくなったこと。
南千束交番から南千束地域安全センターへ
南千束交番から南千束地域安全センターへ
 両自治会は、月2回の合同パトロールのほか、南千束東自治会では、約60名を12班に分け、月・水・金曜日の週3回の15時~16時、長原自治会では、地域の児童館での将棋教室の行き帰りに防犯パトロールを行っています。
 合同パトロールのきっかけは、長原自治会内にある南千束交番がなくなったこと。
 中原街道を挟んで隣接する両自治会は、大田区役所、田園調布警察署と協力し、力を合わせて街を守ろうと立ち上がったのです。
※南千束交番は、平成19年4月1日より、青色標灯の「南千束地域安全センター」となり、地域安全活動の拠点や各種ボランティア活動などの交流場所として昼間帯を中心に警察官OBである「地域安全サポーター」が勤務しています。不在の場合でも、警察署と直接通話できるテレビ電話の設置や昼夜間を問わない警察官の随時立ち寄りによって、治安の向上に努めています。

長原自治会の防犯パトロール活動
 長原自治会の特徴は、東急池上線の長原駅と商店街があることです。
 駅前商店街でのパトロールの際には、買い物客など街行く人々に、藤田会長自ら拡声器を利用して注意を呼びかけていました。
 この日は、パトロールを兼ねて、駅前で「タバコのポイ捨て&歩きタバコ防止キャンペーン」も行ないました。
長原駅前商店街でのパトロール活動
長原駅前商店街でのパトロール活動
PR用ポケットティッシュなどを配布し街の美化を呼びかけました。
PR用ポケットティッシュなどを配布し
街の美化を呼びかけました。
2年前に街頭防犯カメラを20台設置
 この商店街では、2年前に街頭防犯カメラを20台設置しましたが、その映像からコンビニ強盗逮捕に繋がり、感謝状を授与されたこともあります。

南千束東自治会の防犯パトロール活動
 林会長ご自身が「田園調布警察署管内で一番」と自負する南千束東自治会。こちらは主に閑静な住宅街で、電柱や標識に貼られている違法なビラなどの撤去や街を汚すゴミ拾いをしながら、地域内にある赤松小学校児童の下校時に、子供たちにあいさつ、声掛けをしながらパトロールをしています。
パトロール活動は閑静な住宅街から環状七号線など大通りへ1 パトロール活動は閑静な住宅街から環状七号線など大通りへ2
パトロール活動は閑静な住宅街から環状七号線など大通りへ
 また、自治会内での伝達、情報交換などのコミュニケーションも充実させています。自治会メンバー表を毎月作成したり、毎回のパトロールの際には日誌をつけて、誰が参加したのか、どのようなことが起きたか、異常はなかったかなどの情報を共有しています。また、それらをまとめた「防犯パトロールニュース」を年2回ほど発行し、各メンバーに配布もしています。自分たちで防犯に対する意識を高め、より良い活動を行っていこうとする姿勢がうかがえます。
自治会内で「防犯パトロールニュース」を発行しています。1 自治会内で「防犯パトロールニュース」を発行しています。2
自治会内で「防犯パトロールニュース」を発行しています。

マイナンバー制度に関する犯罪にご注意ください。
(田園調布警察署 齋藤署長)
田園調布警察署 左から 羽成地域課長、齋藤署長、寺野生活安全課長
田園調布警察署
左から 羽成地域課長、藤署長、寺野生活安全課長
 長原自治会、南千束東自治会ともに活発に活動されていて、大変心強く感じております。
 地域の中で協力し合うことは大切です。新聞や郵便物が郵便受けに溜まっていると狙われるきっかけになりやすいので、周りの方々も気付いたら教えてあげたり、中に取り込んであげていただくなど、お互いに被害に遭わないように、声をかけながらパトロールしていただけることは非常に心強いです。
 最近では、この10月から始まる「マイナンバー制度」を騙った不審電話が多く掛かってくるという情報も入っています。パトロールの際には、地域の皆さんへのお声掛けをお願いします。

地域の方と共に「地域力」推進を。
大田区地域力推進部 千束特別出張所 田邉所長
大田区地域力推進部 千束特別出張所
田邉所長
 大田区では今、「地域力」をモットーに区政を進めております。地域の方の力をお借りして、区政の様々な課題を解決していきたいと取り組んでいます。
 住民の方のご要望の中でも、「安心・安全な街づくり」は、常に上位です。地域の方々の方から、自主的に防犯パトロールを行なって、安心・安全に取り組んでいただいていることは、大田区としても非常に有難いです。必要な支援は引き続き継続して参ります。ぜひ今後とも継続して活動していただきますよう、よろしくお願いいたします。

もっと活動を増やし、さらなる街の活性化を。
南千束東自治会 会長 林 義雄さん(左)と長原自治会 会長 藤田 良一さん(右)
南千束東自治会 会長 林 義雄さん(左)と
長原自治会 会長 藤田 良一さん(右)
長原自治会 会長 藤田 良一さん
 以前は月に7回の活動を行えており、参加者の減少もあっての現状ですが、今後も大田区役所や田園調布警察署の方々、南千束東自治会の皆さんと協力して、南千束地域安全センターの活性化と、長原駅前商店街を始め、私たちの住んでいる地域を守っていきたいと思います。

南千束東自治会 会長 林 義雄さん
 今まで、街の美化や子供とのあいさつなど、多くの取組を実践してきました。さらに参加者を増やしたいと思っています。街中のパトロールを通じて、住民同士のコミュニケーションが取れ、街の活性化に繋がると信じています。
 今後も長原自治会との合同パトロールを続けていきたいです。

このページの関連カテゴリー