自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

防犯ボランティア活動紹介WEBマガジン
桜台一丁目町会

取組主体の概要 地域有志による防犯パトロール隊
地域 地域 東京都練馬区

 町内には桜台駅と新桜台駅があり、環状七号線と接していながらも閑静な住宅地が広がる桜台一丁目で防犯活動を行っている、桜台一丁目町会の皆さん。
 20年にわたり行われている子供見守り活動は、「地域の子供たちのために町会として出来ることはなにか。」という思いから始まりました。
 現在では、20名のメンバーが中心となり、見守り活動のほか、警察と連携し地域のイベントで防犯や安全に関する知識を親子で学ぶ機会を設けるなど、多岐にわたって積極的に行動しています。
 今回は、平成26年5月1日に行われた子供見守り活動を取材しました。
桜台一丁目町会の皆さん

子供の安全を20年にわたり見守っています

桜台一丁目町会 
副会長 榎本さん(左) 会長 加藤さん(右)
 桜台一丁目町会長の加藤さんにお話を伺いました。
「子供見守り活動は、子供の安全を求める声が町会に多く寄せられたことがきっかけで、町会として子供たちのために出来ることとして20年近く前に始まりました。子供たちの気が緩んでしまう春休み・夏休み・冬休みなどの休み明けや、特に子供の事件、事故が多い14時~16時の時間帯、町内6か所の通学路に4~5名ずつメンバーを配置し、安全を見守りながら歩行のマナーや明るい挨拶を子供たちに指導しています。」
親の世代の意識向上が大切

通学路で子供たちを見守り、あいさつを交わします
 子供の見守り活動をより充実させて行くため、父母にも積極的に参加してもらうことを町会では重要視しています。
「PTAの活動で母親たちが子供の見守りを行っていますが、中にはおしゃべりに夢中になっていて、危険な車や自転車が子供に接近していても注意しようとしないことを見かけます。そんな中、町会の見守りメンバーは、母親たちにも聞こえるように子供たちに注意を促すようにしています。
また、お祭りや町内の小学校入学祝賀会などのな子供が楽しめるイベントの中で練馬警察署と連携して、親子で参加できる防犯・安全の講習会を行っています。これからもたくさんの親御さんに自然に防犯意識が高まる機会を増やして行く計画を立てているところです。」と加藤さん。
地域全体で安全・防犯に取り組む
 桜台一丁目町会では子供の見守りのほかにも、朝晩の防犯パトロール、買い物時等の子供への声掛け、無灯火自転車への注意、青パトによるパトロールなど、積極的に防犯活動を行っています。
また町内には、各家に掲示された防犯標語が掲示されているほか、防犯カメラ47台が町全体をカバーするように設置されているなど、地域全体の防犯意識が高いことが伺えます。
写真1 写真2
各家には防犯標語が掲示され、街角には防犯カメラが設置されています

警察としても助かっています

練馬警察署 生活安全課 防犯係
椋澤係長(左) 山口巡査部長(右)
練馬警察署 生活安全課 防犯係 椋澤係長
 「長年にわたり、子供の見守り活動や毎日のパトロールを積極的に行っていただいてありがたいです。これからも継続していただき、安全・安心なまちづくりの手助けをお願いします。」

このページの関連カテゴリー