自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

防犯ボランティア活動紹介WEBマガジン
五本木西町会

取組主体の概要 地域有志による防犯パトロール隊
地域 東京都目黒区

 学芸大学駅より少し離れた、閑静な住宅街で活動しているのが、五本木西町会の皆さんです。
 町会自体の発足は20~30年程前ですが、パトロール活動については、町会の中の婦人部から自然に声が上がり、10年程前に始まりました。
 また、ここ数年は、振り込め詐欺被害の防止対策として、警察や区役所の方とも協力を深め、合同で活動を行っています。
 今回は、平成26年2月18日に行われた活動を取材しました。
五本木西町会の皆さん
五本木西町会の皆さん

活動人数が増えていきました
五本木西町会会長 早崎さん
五本木西町会会長 早崎さん
 五本木西町会会長の早崎さんにお話を伺いました。
 「パトロールと清掃活動は月1回ずつ行っています。活動は朝が多いですね。パトロールの時は、3班に分かれて、振り込め詐欺被害防止のチラシを各家庭に配ったり、放置自転車に放置防止を呼び掛ける札を掛けたりしています。最近は放置自転車も大分減ってきました。パトロールのメンバーは町会役員で10名程、役員でない一般の方々の参加も合わせると、総勢15、6名程になります。最初の頃は1回あたり7、8人の参加人数でしたが、次第に人数も増えていき、今では10人以上の方々が参加しパトロールをしています。」
賞をいただきました
チラシを配りながら見回りを行います
チラシを配りながら見回りを行います
 五本木西町会の皆さんの活動は、外部からも評価を得ています。
 「11年前から、毎年9月に目黒区で行われている防災フェスタに参加しています。五本木西町会・東町会・中町会・上町会・北町会の5町会が集まり、小学校と協力して防災訓練等を行う行事です。この活動について、本年度は東京防災救急協会から地域の防火防災功労賞をいただきました。」
若い方の意見も取り入れたい
隅々まで回ることが出来ます
3班に分かれるので隅々まで回ることが出来ます
 「人が集まればもっと色々な案も出てくると思うのですが」とお話する早崎さん。今後については、次のように語ってくださいました。
 「若い方の意見も取り入れて、皆で話し合いをしたいですね。また、スケジュールが合わないからやらないということではなく、誰かが代わりに出るなど、お互いが助け合って活動を行うことが大事だと思います。」
積極的な活動が頼もしい
目黒警察署 北原生活安全課長
目黒警察署 北原生活安全課長
目黒警察署 北原生活安全課長
 「積極的に活動していただいて頼もしいです。自主防犯活動は大事ですから、今後、目黒署全域に活動が広がるよう働きかけたいと思います。」

このページの関連カテゴリー