自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

防犯ボランティア活動紹介WEBマガジン
白鷺町会防犯パトロール隊

取組主体の概要 地域有志による防犯パトロール隊
地域 東京都中野区

 今回は、中野区白鷺町会の防犯パトロール隊をご紹介いたします。
 名称は、「白鷺町会防犯パトロール隊」。平成17年に”町会の安心と安全”をテーマに発足した防犯パトロール隊です。
 白鷺町会には、防犯部という組織もありますが、同隊はパトロールを中心とした有志のメンバー28名で構成されてます。
 発足して7年になりますが、現在も同じ構成メンバーで週3日パトロールを実施しています。
白鷺町会防犯パトロール隊のみなさん
白鷺町会防犯パトロール隊のみなさん

実施日及び時間帯別の担当を決め、細やかなパトロール体制
ゴミ袋持参でパトロール
ゴミ袋持参でパトロール
 町会長の林さんからお話を伺いました。「平日のパトロールは、小学校の下校時間にあわせて実施するようにしています。
 パトロール中は、ゴミ袋持参で清掃も一緒に行っています。パトロールを実施してゴミは少なくなりましたが、タバコの吸殻は、なかなか減りません。 火の消えていない吸殻を見つけたこともあります。非常に危険ですので、パトロールは手を抜けませんね」。
 パトロールを実施していて大変なのは、夏場の暑さと冬場の寒さ。それでも、パトロールは、続けているそうです。「パトロールで町内の方々と、挨拶をしたり、小学生への声かけが非常によいコミュニケーションの手段になっていますね」。
防犯カメラは、抑止力として効果は、抜群です
防犯カメラは、犯罪の抑止力として効果抜群!
防犯カメラは、犯罪の抑止力として効果抜群!
 町会内には、3箇所、防犯カメラが設置され、公園周辺における子供の見守りやゴミの不法投棄の予防に一役かっているそうです。
 「夜間のパトロールはできませんが、抑止力として効果抜群です」。とパトロール隊長の高橋さん。
 また、ゴミの不法投棄も、防犯カメラを設置したことで、減ってきたとのことです。
青パトによるパトロールは、月3回実施
月3回の巡回を実施中
月3回の巡回を実施中
 毎週のパトロールの他に、月3回、野方防犯協会の青パトを利用してパトロールを実施しています。
 隊長の高橋さんは、町会の副会長でもあり、町会の防犯・交通部長も兼務、さらには防犯協会の副会長も務めているとのことで、地区全体の防犯にも関わってます。
今後の展望は、老人の見守り
>向かって左から、町会長の 林 孝夫 さん、パトロール隊長の 高橋 洋雄 さん
向かって左から、町会長の 林 孝夫 さん、パトロール隊長の 高橋 洋雄 さん
 今後は、見守りを必要とする老人の家を、パトロール中に巡回してポストに郵便物が溜まっていないか、雨戸はちゃんと空いているかなどを確認していきたいと考えているところです。
町に対する深い愛情が防犯活動に表われる
 野方警察署 生活安全課長の椿原さん「白鷺町会の方々の町に対する愛情の深さが、熱心な防犯活動に表れていますね。引き続き、よろしくお願いします。我々も応援しています。」
高尾警察署 布施史郎生活安全課長
向かって左から、野方警察署 生活安全課 都留係長、椿原課長、辻課長代理、三浦防犯アドバイザー
 

このページの関連カテゴリー