自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

夏休み子供安全ボランティアデー『佐藤弘道さんの遊び教室とセサミストリートショー』を開催

東京都では、地域ぐるみで子供たちを見守り、安全を確保する「子供安全ボランティア活動」を推進しており、平成21年度は、佐藤弘道さんの協力を得て、広報啓発活動を行っています。
8月1日土曜日には、親子で防犯や子供安全ボランティア活動について考えていただくイベントとして、東京都庁第一本庁舎5階大会議場において、夏休み子供安全ボランティアデーを開催しました。
当日は、午前・午後の2回開催し、参加者は各回約450名、総数900名の方々が集まりました。

写真1 写真2

第一部の「佐藤弘道さんの親子で楽しめる遊び教室」では、佐藤弘道さんが手を使った遊びなど親子で楽しめる遊びを音楽に合わせて披露、会場の参加者も一緒に体を動かし、親子の絆を深めるステージが繰り広げられました。また、佐藤さんからはあいさつすることの大切さや新宿区の出身というお話なども伺うこともできました。写真3

第二部「セサミストリートショー おおきくなったら?」は、東京都青少年・治安対策本部、教育庁、警視庁、セサミストリートの4者が協力し、「子供自身が自分の安全を守る能力を身に付ける」ことを目的に昨年製作した防犯ショーです。セサミストリートの楽しい仲間が、「いかのおすし」や「はさみ」というキーワードを歌や踊りを通じて楽しみながら分かりやすく教えてくれました。 写真4

会場横では、パネル展示や警察官の制服体験コーナーを開催し、写真を撮る子供たちや、展示を見る保護者で賑わいました。また、セサミストリートのキャラクターによる交流会も行われました。

写真5 写真6

写真7