自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

夏休み子供安全ボランティアデー『防犯ショーと音楽会』を開催

東京都は、夏休み初日の7月22日(火曜日)に、夏休み子供安全ボランティアデー『防犯ショーと音楽会』を練馬区と北区の2会場で開催しました。

写真1 写真2

東京都では現在、保護者や地域の大人たちが、児童の登下校時における通学路のパトロールや見守り活動などを行う「子供安全ボランティア活動」を推進中です。
平成20年度は、「セサミストリート」の協力を得て、広域的・集中的に広報啓発活動を行っており、警視庁、教育庁、青少年・治安対策本部、セサミストリートの4者が協力して、子供自身が犯罪に巻き込まれないようにするためにはどうすればよいかを「セサミストリート」のキャラクターが分かりやすく教えてくれる「防犯ショー」を作製しました。
「防犯ショー」は、「いかのおすし」、「はさみ」といった子供の被害防止のためのキーワードを歌にして、セサミストリートのキャラクターが子供たちに伝えるという構成になっています。

練馬区光が丘会場(IMAホール)では、午前10時から警視庁音楽隊の演奏で幕を開け、その後「セサミストリート防犯ショー」を披露しました。 写真3

北区赤羽会場(赤羽会館)では、午後3時から東京都交響楽団メンバーによる弦楽四重奏で幕を開け、その後「セサミストリート防犯ショー」を披露しました。 写真4

音楽会では、子供たちがアニメやドラマの主題歌などの演奏に喜んで耳を傾けている姿が見られました。防犯ショーでは、おねえさんやキャラクターたちの呼びかけに大きな声で「ハロー」と返事をしたり、体を動かしてリズムをとりながら「いかのおすし」の歌を口ずさむ子供たちの姿が見られるなど、各会場とも大変盛り上がり、楽しみながら防犯のキーワードを覚えることができました。

写真5 写真6

写真7