自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

安全・安心まちづくり条例

繁華街等における安全対策支援事業

都内6地域で繁華街等における安全対策を実施しました。

昼夜を問わず「安全・安心な繁華街」を形成

 都内の全刑法犯の認知件数は6年連続で減少しているものの、「治安対策」が5年続けて都民要望の第1位になるなど、依然として都民の体感治安の改善は課題となっています。
 特に、平成20年6月に秋葉原、7月に八王子等で発生した無差別殺傷事件により、繁華街の安全に対する都民の信頼は揺らいでいます。
 東京都では、平成21年4月、東京都安全・安心まちづくり条例を改正し、繁華街等における安全・安心の確保に関する規定を設けるなど、繁華街等における安全・安心の確保の取組を推進しています。
 「10年後の東京」への実行プログラム2009においても、区市町村等が主体的に行う繁華街等の安全・安心確保の取組を支援する事業を、新たに平成21年度から3年間で15の地域を目途に実施していくこととしています。
【平成21年度 事業実施地域】
○ 「秋葉原駅」周辺(千代田区)
○ 「錦糸町駅」周辺(墨田区)
○ 「自由が丘駅」周辺(目黒区)
○ 「池袋駅」周辺(豊島区)
○ 「八王子駅北口」周辺(八王子市)
○ 「立川駅」周辺(立川市)
平成21年度 繁華街等における安全対策支援事業実施地域
【事業内容】
 繁華街毎に、事業者、地域住民、地元自治体、警察等が一体となって、防犯に取り組む組織(協議会)を立ち上げ、防犯カメラ等の防犯設備の導入、防犯環境の整備、自主防犯活動の推進など、ハード・ソフト両面からの安全対策に取り組む。
都の支援内容
1防犯設備等の導入補助
防犯カメラ、防犯灯、その他犯罪抑止効果を期待した機器の整備を推進
2防犯環境の整備補助
道路等の防犯環境の改善、区市による青色防犯パトロールに係る経費、その他防犯上の環境整備を推進
3防犯ボランティア活動支援
講習会や集いを開催するための経費、ポスター・チラシの印刷、ベスト等装備品の支給等
東京都地域防犯モデル事業のイメージ