自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

いいなぁ安心TV:地域安全マップをつくろう!

監 修 者:小宮信夫 立正大学文学部社会学科教授(社会学博士)
イラスト:冨貴健介

1 事前学習
教室で、犯罪が起こりやすい危険な場所の判断基準を学びましょう。
1 グループをつくろう
5名~7名のグループをつくり、調査する区域を決めましょう。そしてグループ内での役割分担を決めましょう。
1 フィールドワーク
それぞれの担当が決まったら、みんなの街の危険な場所の調査に出かけましょう。 ポイントは「入りやすい」「見えにくい」場所です。

1 マップをつくろう
フィールドワークで発見した危険な場所の写真を地図に貼り、 コメントを吹き出しなどを使って書きこみましょう。

1 発表会をしよう
班ごとに、地域安全マップを黒板に掲示して、調査結果、 作製過程において苦労した点や反省点について発表しましょう。

1 つくるときの注意
地図が、犯罪発生マップや 不審者が出没した場所を表示した地図にならないように気をつけましょう。
このページ内の映像をご覧いただくためにはWindows Media Player(無料)が必要です。