自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

地域安全マップ作製

平成27年度 地域安全マップづくり研修会を開催しました!!

 東京都は、子供の犯罪被害防止能力の向上を目指し、平成17年度から犯罪機会論に基づく「地域安全マップづくり」の指導者育成に取り組んでいます。
 都が推奨する地域安全マップづくりとは、子供自身が「安全な場所や危険な場所」を景色を見て判断できるようにするものであり、これまでの不審者マップや犯罪発生マップとは異なります。このため考案者の小宮教授(立正大学)からマップづくりの意義や有効性などを学び、小学校等での取組を促すための研修会を開催しています。
 研修会では、フィールドワークやマップ作製は行いません。校長先生や副校長先生、児童館館長、教育委員会の職員等に受講いただき、教員や児童館職員、スクールサポーター等へマップづくりを勧めていただいています。
 今年度は7月28日、立正大学石橋湛山記念講堂で約90名の方を集めて開催しました!

講演内容

写真1  冒頭、東京・埼玉連続幼女誘拐事件(宮崎勤事件)など、子供が犯罪に巻き込まれた事例を紹介し、改めて「入りやすい」「見えにくい」場所は犯罪者が好む。そうした場所を景色で判断できるよう子供に指導することが重要との話をいただきました。
 次に、犯罪機会論の考え方や海外での取組事例、マップづくりの全体概要について映像を交えながら説明されました。

 子供への犯罪の多くは「騙し」が使われるため、「入りやすい」「見えにくい」場所では特に注意が必要。また人がたくさんいる場所は安全とは限らない。そうした場所は心理的に見えにくい場所なので注意が必要。犯罪者は子供がたくさん集まる場所を狙うなどの説明がありました。

写真2  アンケートでは、「よく理解できた・理解できた」という回答がほとんどで、「大変勉強になった」「子供に限らず犯罪に遭いやすい方のために講義内容を活かしていきたい」といった感想も寄せられ、大好評でした。

このページの関連カテゴリー